車輪の上の日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) -- --:-- | スポンサー広告

Bianchiで初通勤。

安全装備も整い天気も良さそうだったので、緑亀で通勤してみた。

交通量の少ない裏道を走っている間は快調に走れたのだが、
大通りに出てからは車道を走るのがかなり怖かったので自歩道を走った。
自歩道がタイル張りになっているため、ペースが上げられず。
それでもZEROBIKEより5分ほど所要時間が短かった。

少々残業したため、日が落ちてからの帰路。
路面が見えにくいため必然的にペースダウン。
途中、寄り道したため車道横断の信号待ちが増えてさらにペースダウン。

カメレオンテはロードバイク寄りのスペックなのでストップ&ゴーが苦手かと思ったが、
いまのところ特にそんな風には感じない。
停車する前にきちんとシフトダウンしておけば、踏み出しが軽いので問題なし。

昨夜、急いで取り付けたERGONグリップは角度調整が不十分で、
まだインプレするには時間がかかりそう。
しばらくは乗って調整して、の繰り返しになると思う。
バーエンドグリップは使うタイミングが限られるが、やはりあると便利。

Polarのサイコンは心拍計を着用していないとカロリー計算されないことが判明。
職場に心拍計を着用していくのは憚られるのでどうしたものか。


走行距離:10.4km
平均時速:17.8km/h
往路18.7km/h、復路17.0km/hでこの数字。
夜間は安全を考えると速度が上げられない。
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/31(木) 22 22:52 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 0

ヘルメットが届いた。

先週末に注文してあったヘルメット&その他用品が届いた。
購入したのは、

・ヘルメット OGK MOSTRO
・グリップ ERGON GR2
・フロアポンプ TOPEAK ジョーブロープロ
・RIXEN&KAUL エクステンダー

の4点。
ポンプ以外は、当初から購入予定だったもの。
フロアポンプは、携帯ポンプで高圧を入れようとして挫折したため急遽追加。

とり急ぎグリップを交換し、タイヤの空気圧を調整しておいた。
ヘルメットが届いたので通勤用装備が揃った。
天気が良ければ明日からでも通勤に使おうと思う。

個々のインプレはまた後日。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/30(水) 22 31:47 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 0

LEZYNE ALLOY KIT

LEZYNE ALLOY KIT
LEZYNEのタイヤリペアキット。
近所の自転車屋さんにタイヤチューブを買いに行ったときに見つけ、
これまでに無い質感の高さに惹かれて購入。1130円。

中身
ケースの中身は、ロゴが入っている事意外は普通のパッチとヤスリ。
ロゴ入りアルミケースのかっこよさが全て、という感じ。
ケースは肉厚があり、安っぽさがなくしっかりした造り。
ただし、普通のキットより嵩張るので荷物を減らしたい人には向かないと思う。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/29(火) 20 32:46 | もの:自転車 | トラックバック 0 | コメント 0

Bianchi 純正ボトル&ボトルケージ

緑亀を買った時になぜかボトルとボトルケージが付いてきた。
お店が言うには『オマケ』らしい。
カタログには載っていないし、各通販サイトでも触れていないので、
オマケということで納得してありがたく頂戴した。

ボトルケージ
チェレステカラーのボトルケージ。
よくあるカタチのものだが、Bianchiのアクセサリには載っていない。
非常にシンプルな造形のもので、2008年のチェレステに塗られている。
チェレステのELITE CIUSSIを2つ買ってあったため、納車と同時に御役御免。

ドリンクボトル
こちらはチェレステのボトル。
大きさもカタチも普通のボトルだが、ロゴの入れ方が純正アクセサリの物と違う。
純正アクセサリのボトルはやたらと品薄なので嬉しい。

ボトルinケージ
ELITE CIUSSIにボトルを納めてみた。
フレームもボトルもケージもチェレステ。素晴らしい。
ただ、なにもかもチェレステというのは無理なので、コーディネートを考え中。
・・・・・・・・・ピンク!?

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/29(火) 00 55:28 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 0

Polar CS200cad

Polar CS200cad
深夜のハイテンションと判断能力の鈍化が原因なのか、
明らかに予算オーバーなのに購入してしまったPolar CS200cad
買ってしまったものはしょうがないので、さっそく取り付けた。

内容物
中身はこんな感じ。
計測機能が豊富な分、センサーが3つもある。
取扱説明書がCATEYEのものに比べて厚くて驚いた。
タイラップが余分に付属しているのは、付け直しができてありがたい。

本体ブラケット
まずコンピュータ本体の取付ブラケットを固定。
ハンドルバーかステムのどちらかに付けるのだが、今回はステムに取り付け。
このブラケット、CATEYEのスライドしてロックするタイプと違い、
本体を回転させてロックをかけるようになっている。

スピードセンサー
フロントフォークにスピードセンサーを固定。スポークにはマグネット取り付ける。
センサーとフォークの間に付けるゴムの形状がなかなかよく考えられていると思う。
タイラップでBianchiロゴが隠れてしまうのはどうしようもないので諦めた。
ちなみにフォーク裏にもロゴがあるのだけど、それも隠れてしまった。

ケイデンスセンサー
ケイデンス用のセンサーはダウンチューブに取り付ける。
クランク側にはマグネットを貼り付けて、Polarロゴ入りのテープを巻いて固定。
センサー部をクランクに近づけないといけないため、左側に突き出した状態になる。
ペダル漕ぐ時に邪魔にならないのかな?と思ったんだけど、杞憂だった。

心拍数センサー
心拍数のセンサー。
これは人間が着けるものなので、センサーとベルトをホックで留めて完成。
メッシュ状になっている部分が心拍数を計る電極になっていて、
電極と皮膚との接触を良くするためにメッシュ部を水で濡らして装着する。
実際の装着写真は見苦しいので割愛。

最後にコンピュータ本体の各種設定。
時刻だけではなく、年月日・年齢・性別・体重も入力する。
もちろん自転車のタイヤ外径も入力して初期設定完了。

表示画面
画面は初期設定が終わって計測状態になったところ。
一番上にDistance=走行距離、真ん中に速度表示、右下にCAD=ケイデンス、
左下に心拍数が表示されている。
ケイデンスと心拍数は常時表示されるが、他は表示内容の変更が可能。
情報量が多いのだが、煩雑にならず見やすく仕上げていると思う。

大きさ比較
CATEYE CC-MC100Wと大きさを比較してみた。
平面で見るとCS200cadのほうがひとまわり大きいのだが、
厚みが無くひらべったいので、見た目では大差無く感じる。
実際の重さも32gで、まったく一緒だった。

まだそんなに使っていないので第一印象での感想ということで。
ケイデンス表示の反応が鈍い、というネット上のインプレどおりのレスポンス。
5秒近くタイムラグがあると思う。
カロリー計算をしてくれるのはテンション維持に効果ありそう。
心拍数に関してはエクセサイズの知識が要求されるので、これから勉強しないと。
また、高機能すぎてある程度使い込まないと理解できない部分がありそう。

バックライト点灯
今回、一番のうれしい誤算。
バックライトが実用に耐えるだけの明るさがあったこと。
ライト点灯と同時に反転表示になって、ちゃんと暗闇でも見える。
CC-MC100Wは止まって確認しないと見えなかったのでこれはうれしい。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/28(月) 01 04:19 | もの:自転車 | トラックバック 0 | コメント 2

ぶらっとお昼ご飯ポタ。

土曜日は朝から走ろうかと思っていたのだけれど、
注文したサイコンが10時過ぎに届くということで家で待機することに。
木曜の夜(というか金曜未明)に注文して土曜の朝に届くとは、予想外の早さ。

荷物を受け取り、早速開封して取り付け。
ワイヤレスなのでケーブルの取り回しを考える必要が無くて楽。
多機能のためか設定することが多く、むしろそちらに時間がかかった。

ちょうどお昼ご飯の時間だったので、月替わりランチを食べに和CAFE 茶楽へ。
これまでZEROBIKEで何度も通った道も、自転車が違うとなんとなく新鮮。
さすがに風は冷たかったけれど、動いていれば問題ない感じ。

あっという間に茶楽に到着。
ZEROBIKEより平均時速2割増しというところ。
一旦停止が多かったから、最高速度に差に比べて差がつかない。
これだと、通勤で使ってもあまり差が出ないかもしれない。

鶏のお雑煮
今月のランチは鶏のお雑煮。
焼き餅と鶏肉、人参、里芋、小松菜の入ったお雑煮でした。
他の家のお雑煮ってけっこう違和感のあることが多い気がするんですが、
ここのは僕の実家のお雑煮に近い組み合わせで懐かしい感じでした。
食後にあんみつをいただき、ポタ再開。

たい焼き屋さんを覗いたら混んでいて、20分ほど待ってて、と言われたので、
これまで通ったことの無い裏道をふらふらと散策。
2回行き止まりに突き当たったところで、目標変更。
これまで通ったことの無い、太平洋岸自転車道の興津・由比間を走ってみることに。

国道一号線に併走しているが、自動車道と完全に仕切られていて走りやすい。
道幅も広くて良いのだけれど、路面に砂利が多い気がした。
雲行きが怪しくなってきたので由比市街手前でUターン。
向かい風の中をひーこら興津まで戻り、たい焼きを買って公園へ。

公園で
公園でたい焼きを頬張りつつ、自転車を眺める。
やっぱりチェレステは良い色だと思う。
2008年モデルが発表されたとき、その水色っぷり(写真の補正ミスか?)に、
悪い意味でビンテージイヤーなどと言われたけれど、
そのままで本当に良かったと思う。若干変わっているみたいだけど。

その後、また雲行きが怪しくなってきたので帰宅。
予定よりもかなり短い距離になってしまったので物足りない気分。


走行距離:15.2km
平均時速:17.2km/h
サイコンの使い方がよくわからん・・・

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/27(日) 20 01:53 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 0

緑亀に初乗り。

順番が前後してしまったが、納車された日の夜、近所をぐるっと走ってみた。
ちなみに、ヘッドライトはZEROBIKEで使っていたHL-EL520(ブラケットだけ購入)、
テールライトはTOPEAKのRedliteを新規購入して取り付けた。

スポーツ自転車にちゃんと乗るのは初めてだったので、おっかなびっくり走り出す。
お店で高さ調整するためにまたがったときに、サドル高いなぁ・・・と思ったが、
走り出してしまえば気になることはなかったのでまずは一安心。
それでも、停車するときに気を抜くとサドルから降り忘れてあせる。

走りのほうは、一言で言えば『軽い』
これまで乗ってきた自転車とは比べるのが野暮なくらいスイスイ進む。
実用自転車とは違う思想の乗り物なんだな、と実感した。
ノーヘルじゃ、コケたら死ねる速度感。

乗り心地は思っていたよりも硬くない印象。
もっと振動がダイレクトにくると思っていたので、ちょっと拍子抜け。
振動の吸収にはカーボンフォークが一役買っているのかもしれない。
とはいえ、標準のグリップではERGONに慣れた手にはつらいので、
グリップはERGONのものに交換予定。

シフトはMTBでありがちな2レバー型で、あまり悩まずに使えた。
フィーリングはカキッっと入る感じで気持ちいい。
段数が多い(前3x後10)ので使いこなすには時間がかかりそう。

帰宅後、自転車屋さんに在庫がなかった部品を通販で注文した。
グリップとヘルメットは前もって買うならこれ!というのを決めていたので、
悩むことなく発注したのだけれど・・・

ライト同様、サイコンもZEROBIKEで使っているものを使いまわすつもりでいたのだけど、
自転車屋さんにスピードセンサーと取付ブラケットの在庫がなかったのだ・・・
そのままセンサー類を通販すれば良かったのだけど、初乗りしたのがマズかった。
ケイデンスが計れたら楽しそうだよな・・・と思ってしまったのだ。

防寒装備を買ってないから予算はあるし・・・と自分に言い訳しつつ、
欲しい機能を並べてみると・・・

・ケイデンス計測(これは是非欲しい)
・ワイヤレス(CC-MC100Wで便利さを実感)

この2点を満たした製品を探したら、意外にも2つしか見つからず。
CATEYEのCC-CD300DWと、PolarのCS200cadが条件を満たしていた。

価格的には2倍以上の差があり、CD-300DWのほうが安い。
ただ、CS200cadはケイデンス以外に心拍数も計測でき、
両方を組み合わせることで効果的なトレーニングができるとか。
心拍数が高いと効率よく有酸素運動ができないので、確かに便利そうではある。

けど値段が・・・悩んだら高いほうを買え、の精神は財布に厳しいなぁ・・・
でも、CS200cadは心拍数計測以外にも走行記録が日付別に残せるみたいだし・・・

などと悩みつつ情報収集すること数時間。
結局、後付け出来ない心拍数計測機能を決め手に、CS200cadを発注。
床に就いたときには午前3時を回っていた・・・
次の日も会社あるのになにやってんだか。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/26(土) 23 55:58 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 0

Bianchi Camaleonteをご紹介。

先日、唐突に納車された新しい愛車。
このブログで今後主役を張ることになる新入りを紹介しておこうと思う。

ミドリ亀

名前はCamaleonte4
Bianchiではスピードバイクと呼ぶ、Camaleonteシリーズのシマノ105MIX仕様。
フレームは7000系アルミ、フロントフォークはカーボンが奢られている。
コンポーネントはシマノ105、ハンドル周りはシマノのフラットバー用700番台。
クランクセットのみFSAのOMEGAトリプルクランクが装着される。
105がフル装備されないあたりにコストダウンの影が見え隠れするのはご愛嬌だが、
カラーコーディネートが黒で統一されるのでこれはこれでアリじゃなかろうか。

カメレオンロゴ
名前のとおり、トップチューブにカラフルなカメレオンロゴが書かれている。
それにしてもなんでカメレオンなんだろう。もっと速そうな動物がいるだろうに。
Camaleonteの読み方もカメレオンなのかカメレオンテなのかイマイチわからないし。
個人的には、某所での緑亀という呼び方が好きだったりするんだけど。

コンポーネントがロード用だったり、タイヤが700x25Cと細かったりと、
所謂クロスバイクとは少々カテゴリーが違う気がしなくもない。
Bianchiがスピードバイクと呼ぶのもそのあたりが理由なのかな。
なんにしても、今後もこのブログでは快速系クロスバイクとして扱っていく予定。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/26(土) 18 05:41 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 2

Bianchi、急展開。

それは木曜日の夕方、「今日も残業か・・・」なんて思っていたときのこと。
行きつけの自転車屋さんから突然の電話が。
なにか部品の注文してたっけ?などと思いつつ電話に出た。

店長:「ご注文の自転車、入荷しました」

・・・えーと。何のことか一瞬悩む。
Bianchiは春まで待つことになるんだろうと勝手に思っていたのでかなり予想外。
まあ、『入荷』ってことだし『組立て&調整』に時間がかかるだろうから、
納車はいつ頃になるのかな?

店長:「調整まで終わっていますので、いつでも大丈夫ですよ」

これは残業してる場合じゃない。
定時で即退社、ATMでお金を下ろして自転車屋さんへ直行した。

そしてついに、ご対面。
2008年カタログを見て以来の懸念事項『チェレステ変色』は無し。まずは一安心。
あれはやはりカタログ写真の色調補正がよろしくなかった様子。

サドルの高さを合わせてもらい、各部をチェックして引渡し。
なぜかチェレステカラーのボトル&ボトルケージが付いてきた。
カタログには載っていないが、オマケらしい。
ついでに灯火類やらメンテナンス小物やらを購入。
自転車13万円+部品1万3000円+税で15万円也。
9月のROMA2キャンセル時より予算倍増しているので、概ね予定通りの金額。

フロントタイヤを外し、車に積み込んで帰宅。
寝かせて積み込んだのだけれど、シートポストを抜けば立てて積めそうな気がする。
今のところ車載して走りに行く予定はないけれど、こういうのがあると便利かもしれない。

帰宅して、早速ライトやらボトルケージやらを組み付けた。
ミドリ亀

ボトルケージを組み付けているときに気づいたのだが、
今回付属していたボトルケージと、購入してあったELITE CIUSSIでは若干色味が違う。
チェレステボトルケージ
左が付属品、右がELITE TIUSSI。
ELITEのほうが緑色が強く、少々パールが入っている。
とはいえ、遠目で見るとほとんど差がないので困ることは無さそう。
ELITEのほうがボトルの抜き差しの感触が良かったので、最終的にELITEを2個装着した。
他にも色々とトピックがあるのだが、長文になってしまうので追々まとめていきたい。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/26(土) 01 59:49 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 0

久々のZEROBIKE

先週末は風邪でダウンして自転車に乗れなかったので、
今週こそは!と意気込んで迎えた週末。
一日かけてのんびり30~40km走るつもりでいたのだけれど、
天気予報が午後から雨or雪(!?)だというので、予定を変更して短距離に。

とりあえず、目的もないのでその辺をぶらぶらする。
予報で雪とか言うだけあって寒い。
結局、防寒装備はイヤーウォーマー以外買っていないので寒さはつらい。
近場をぐるっと回ったところで雲行きがあやしくなってきたのでポタ終了。

正月休みに分解整備したこともあって快調なのだが、
相変わらずシートポストの具合がよろしくない。
しばらくすると1cmほどずり落ちてしまうのでポジションが一定にならない。
某掲示板でネジロック剤を塗布すると良いと書いてあったので試してみたいと思う。

それにしても防寒装備なしのポタは正直なところかなりつらいので、
春までポタ頻度を減らすか防寒装備を買うか悩む・・・

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/20(日) 23 38:31 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 0

風邪をひいた。

年明け早々から仕事が忙しい。
このご時世、仕事が無くて困るよりは良いのかもと思ったり。
そんなわけでウィークデーは自転車に乗るのは諦めていたのだけど、
週末こそはたっぷり乗ろうと思っていた。

ところが木曜日から体調を崩し気味で、それでも仕事を休まなかったら、
金曜の夜に完全に風邪MAX。
熱はさほど高く無かったので幸いインフルエンザでは無いみたい。
風邪薬を飲んで寝たのだが、土曜の朝になっても熱が下がらず・・・

そんなわけで週末は巣篭もりしてました。
色々と自転車グッズ調べたりしつつ、お休み。
来週末こそは遠乗りしたいなぁ。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/13(日) 18 54:35 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 0

シートポストを物色する。

ハンドル交換後、絶賛ポジション設定中のZEROBIKE。
ハンドル周りがしっかりした分、シートポストの剛性の無さが気になる。
長さ350mmの純正シートポストを上限+2cmの高さで使っているので、
できれば長さ400mmのものに交換したいところ。

・長さ400mm
・直径27.2mm
・銀色
の条件で日頃から探しているのだけれど、ほとんど見つからない。
見つかっても、それなりに高いのでこれまで購入は控えていた。

そんな時、あさひのメルマガに変なサドルが掲載されていた。
で、そのページに『コンセプトが似てる』と書いてあったのがアンサドル
通販だと、あさひとかヨシダで売ってるみたい。

シートポスト一体型のなんとも珍妙なカタチのサドル。
サドルのカタチにも惹かれたけれど、シートポストが上記の条件にビンゴ。
変なカタチのサドルも、変なカタチのZEROBIKEにはむしろマッチするかも?
などと、けっこう欲しくなってたりするのだけれど、値段がかなり良いので悩み中。
シートポスト+サドルと考えれば、まあ無茶な値段ではないと思うのだけど・・・

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/07(月) 21 19:29 | ZEROBIKE | トラックバック 0 | コメント 0

年末年始のこと。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年はBianchiも納車されるので、ガンガン走りたいです。

さて、年末年始は実家からのヘルプで帰省して家業の手伝いしてました。
なので、まったく自転車に乗れないで冬休み終了。嗚呼。

実家が家業で花卉栽培を行っているのですが、
年末年始はパートさんがお休みの為、ヘルプで呼び出されました。
栽培しているのはガーベラ。
こんな花がわんさと咲いてます。
そして摘んでも次の日にはまたわんさか。
ガーベラ ガーベラ ガーベラ

元旦はまだ暗いうちに近所の神社へ初詣。
帰宅後、実家近くの山から初日の出を撮影。
あいにく、水平線に雲がかかっていたので雲の上からの初日の出になってしまった。
初日の出

年始は実家のまわりをふらふらしつつ写真撮影。
けっこうな田舎なので自然が豊富。
ここぞとばかりに花の写真を撮ってきた。
? 椿? 百合


週末、自宅へ戻りZEROBIKEのメンテナンス。
チェーンの洗浄&オイル塗布、各部増し締め、ブレーキ調整、空気圧チェック等々。
年末できなかった大掃除をしなければならず、結局メンテナンスのみで乗れず。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/01/06(日) 23 06:29 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 0

Twitter

プロフィール

はる

Author:はる
Bianchi Camaleonteでもりもり通勤中!たまに極小径車ZEROBIKEでお買いもの。C2C 928Carbonの出番減少中・・・

参加してます。
にほんブログ村 自転車ブログへ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

マイリンク

ブログ内検索


Copyright ©車輪の上の日々 All Rights Reserved まとめアフィリエイト Powered By FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。