車輪の上の日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) -- --:-- | スポンサー広告

フリーパックスポーツの底力を見た。

今日は3日ぶりの自転車通勤。
それほど寒くなかったので、ちょっと回り道して帰宅。

途中でティッシュを切らしていたのを思い出し、スーパーへ。
ティッシュを購入したのはいいのだが、さて、どうやって持って帰ろうか。
大きいレジ袋をもらえばよかったのだけど、しっかり忘れた。

再現映像
ものは試しと通勤に使っているフリーパックスポーツに突っ込んでみる。
ダメだったらレジ袋もらってこよう・・・と。

まさかのイン。
入っちゃった。
見た目にあまり収納力がなさそうだったのでびっくり。
さすがにチャックは閉まりきらなかったけど、外ポケットにはまだ余裕あるし。
今度から多少の買出しも自転車で行こうかなー。

走行距離:22.3km
平均速度:22.3km/h
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/28(木) 23 14:05 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 2

チタンロードに電動アシスト・・・?

日経BPnetやら自動車関連ニュースサイトやらで気になる自転車を見つけた。
パナソニックサイクルテックの『チタンフラットロードEB』だ。

チタンフラットロードEB
欲しくて気になるというわけではなく、なんだこりゃ?という感じ。
ウリは軽量高剛性なチタンフレームに電動アシストを組み込んだことで、
重量15kg台と電動アシストとしては驚異的に軽い。
ただ、値段(最低585000円!)からすると、えらく中途半端な感じがする。

スポーツでもないし、実用車でもない、どこ向いてるのかな?と。
価格から買える人は限られるが、その中に買いたいと思う人がいるのかな、と。
ブランド品として自転車を買う人はイタリア製とか買うだろうし。
オーダーメイドできるとはいえ、基本的には色+オプション選択のみだし。

そもそもこの金額を出すなら、相当に軽量なモデルが買えるわけだし。
例えば、パナソニックのハイエンドチタンロードならお釣りが来る。

電機メーカーの自転車として電動アシストを盛り込みたかったのだろうけど、
チタンの細いフレームにゴツいアシストユニットは似合わないと思うし。
結局、お金が余ってる人の道楽アイテムなのかなー。
アプローチは面白いと思うので、今後の発展に期待しておこうと思う。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/27(水) 23 59:27 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 2

ビアンキジャージ2008?

海外のショッピングサイトを見ていたらこんなものを発見。

半そでジャージ

長そでジャージ

細かい説明が書いてなかったため詳細は不明なのだけど、
スポンサーロゴが入っていないのでチームレプリカではなさそう。
サイクルヨーロッパジャパンのサイトには当然のように載っていないし。
魚のようなグラフィックって今年のモチーフだっけか・・・?
ご存知の方、情報求ム。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/26(火) 21 46:04 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 0

ジテツウ記録:08/02/25

またしばらく寒い日が続きそう。
白い息を吐きながら出社。

帰りは残業で遅くなったので真っ直ぐ帰宅。
明日は雨になりそうなのでクルマで通勤する予定。
日曜日も走っていないので、今日そこそこ走りたかった・・・

走行距離:9.6km
平均速度:22.2km/h

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/25(月) 23 40:30 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 0

FSA OS-150C ハンドルステム

アジャスタブルステム
カメレオンテには標準でアジャスタブルステムが付いている。
これはこれで便利なのだろうけど調整することもなく2週間が過ぎ、
その間に何度か坂道を走ってステムの剛性不足を感じて交換を決めた。
ステムに調整部があるので剛性が落ちるのは仕方ないのだろう。

FSA OS-150C
購入したのはFSAのOS-150C 120mm。
クランクセットがFSAなので同メーカーを選んだ。
端数オマケで10000円ポッキリ。
ミドルグレードだがCNC削り出しで質感も高いと思う。

カーボンコラムスペーサー
フォークコラムクランプの高さが純正ステムより低いので、
隙間を埋めるためにコラムスペーサーも購入。
カーボンスペーサーはCFRPの筒を輪切りにしただけの物が多いが、
これは裏が肉抜きされていて面白かったので選んだ。
値段も各サイズセットで900円くらいだった。

取り付け完了
交換作業はさくさくできてしまって写真なし。
ポジションは純正より10mmハンドルが遠く、数ミリ高くなった。
僕は腕が長いのでこのくらいのほうがちょうどいい感じ。

クランプ肉抜き
コラムクランプ部が肉抜きされている。
重さは純正258gに対して、194gと60gほど軽い。

カーボンクランプ
ハンドルクランプはカーボン製。
見た目重視の部分なのでこれはこれでアリかと思う。
どの程度、軽量化に貢献しているのかは不明。

交換後の印象はとにかく『ハンドル周りの剛性アップ』、これに尽きる。
引き腕を使ったり、ダンシングした際にハンドルの遊びがなくなった。
ポジションが決まったらアジャスタブルステムは不要なのかもしれない。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/24(日) 13 42:19 | もの:自転車 | トラックバック 0 | コメント 4

富士川へ蕎麦ポタ。

昨日はクルマで通勤の為、ジテツウ記録なし。
久しぶりにクルマに乗ったら運転がヘタになってて驚いた。

今日は天気も良さそうだし、食べ物メインでポタリング。
先日、LOVE DE ROSAさんに教えていただいた『松風堂』に寄り、
新蒲原駅近くにある『善福寺そば処』で蕎麦を食べることにして出発。

富士川楽座まで往復40km、平坦な道程に刺激を、
ということでいきなり薩た峠アタック。
以前の挑戦が生きたのか、ゼヒゼヒしながらもさくっと峠越え。
峠の駐車場で酸欠気味のカラダを休める。

心拍が落ち着いてきたところで駐車場を見回すと、
離れたところに黒赤のDE ROSAローディーがいることに気づく。
バーテープも赤だし、LOVE DE ROSAさんかな?と思うも、
電話中のようだったので声を掛けずに出発。

由比の町を抜け、新蒲原駅あたりで善福寺への道を下調べ。
歩道にそれらしい看板を見つけたが、示す方向はどうみても山。
お昼ご飯の前にもう一汗かけそうな予感。

気を取り直して松風堂へ向かう途中、声をかけられる。
振り向くと、先ほど薩た峠で見かけたDE ROSA乗りの方。
こちらを知っている・・・やはりLOVE DE ROSAさんだった。

LOVE DE ROSAさんと向かう方向が一緒なので同道することに。
いまいち場所のわからない松風堂まで先導していただく。

松風堂は地味な店構えでこれじゃ気がつかなかったわけだ。
しかしかなり繁盛していて、ひっきりなしにお客さんが来ていた。
午前中で売り切れるのもこれなら頷ける。
小饅頭30個入り350円(安い!)を購入し富士川楽座へ。

DE ROSAと。
富士川楽座で一息入れながら立ち話。
こうやって並べてみると、DE ROSAは黒と赤のツートーンでまとまってる。
一方のカメレオンテはフレームのチェレステが浮き気味。
追々カラーコーディネートもしていきたいなぁ。
ガンガン乗ってタイヤ交換の口実を作らねば・・・

お昼が近づいてきたので、富士川橋でLOVE DE ROSAさんとお別れ。
富士川西岸を南下したのだが、横風が強く河川敷に落ちそうで怖かった。

富士川緑地公園
会社の同僚から聞いた富士川緑地公園に寄り道。
あまりに風が強かったので写真だけとって素通り。
風上に工事現場があるらしく、口の中が砂でジャリジャリする。

旧東海道を下り、新蒲原駅を過ぎたところで右折。
本日のお昼ご飯ポイント、善福寺そば処を目指す。
往路での予感どおりの結構な坂道。
途中、ハイキングコースなんて看板も。

善福寺そば処
上りきって少し走ったところに善福寺そば処はあった。
民家を改造(というかそのまま?)した手打ちそばのお店。
自動販売機が置いてあるのはハイカーの為だろうか?
玄関(こう呼んだほうがしっくりくる)の脇には無人販売もアリ。
お饅頭(詳細不明)はちょうど売り切れるところだった。
しかし善福寺って名前は福福しくて良いね。

もり天そば(大盛)"
『もり天そば(大盛)』を注文。
一口食べた瞬間にしっかりそばの香りがした。美味しい。
こだわり系ではないけれど、昔から家で打ってる蕎麦切りという風情。
つゆはもう少し濃くてもいいかなと思ったけど、
お寺の近くの為か、高齢の方が多く来店していたので塩分控えめなのかも。
てんぷらや小鉢も派手さはないけれど美味しかった。
桜えびのかき揚げや蜜柑があるあたりに地元密着を感じる。
きちんと蕎麦湯も出たし、手打ちで900円は安いと思う。

外に出るとなにやら雲行きが怪しい。
太陽は見えているのだが、ときどきポツッと雨粒が。
これはいかん、と一路自宅へ。
しかし由比を抜けたところでついに本降りに。
通り雨っぽいので雨宿りはせずにそのまま走り続け帰宅。
帰宅したところで雨が止んだ。なんだとー。
LOVE DE ROSAさんは降られる前に帰れたのだろうか・・・

汚れちまった悲しみに・・・
路面に水が溜まる前に帰宅したけれど、けっこう汚れてしまった。
泥よけがないので後輪が跳ねた水でサドルバッグ裏が大変なことに。
超長距離を走るときにはこのあたりの対策も考えないと。
いい機会なのでフロントフォークの裏なんかも磨いておいた。

松風堂の小饅頭
本日のお土産。松風堂の小饅頭30個入り。
このエントリを書きながら食べていたのだが、あっさり完食。
一口サイズで甘すぎないので、食べ始めると止まらなくなる。
富士川に行った際の定番にしたいがカロリーを考えると悩みどころ。

走行距離:47.6km
平均速度:19.2km/h
消費カロリー:1685kcal
薩た峠+帰路の向かい風でペースダウン。
いきなり峠だと後々まで響くね。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/23(土) 19 23:18 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 6

ジテツウ記録:08/02/20

明日は諸事情によりクルマで通勤する予定なので、
明日の分まで走っておこうと思い薩た峠まで夜サイクリング。

快調に走りふもとに到着。しかし予想以上に暗い・・・
勾配がきつくなるあたりから先は街灯が無いため真っ暗。
カメレオンテのライトひとつでは路面をまともに見ることができない。
上りはともかく、下りでこの視界はマズいなぁ・・・と思い、撤収。
裏道散策しつつ帰路についた。

走行距離:23.4km
平均速度:21.7km/h
平日でも余裕があればもう少し走りたいところ。
夜間走行が多いので反射材とか増やしたほうがいいかもしれない。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/21(木) 21 30:25 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 2

ParkTool CM-5 サイクロン

CM-5 サイクロン
チェーンが予想以上に砂まみれになってしまい、手入れが大変。
何か無いかと探していて、各所で評判が良かったので購入。4380円。
専用クリーナーCB-2 シトラスチェンブライトも一緒に購入。1400円。

本体と取っ手
青色半透明の樹脂製であまり高級感の無いつくり。
取っ手が別部品になっていて、本体に差し込んで使う。
本体下部には磁石が付いていて、鉄粉を集めるようになっている。

本体内部
内部はこんな感じ。
チェーンを横から洗うブラシ→上下から洗うブラシ→拭き取るスポンジ、
という構成。
ブラシ類は単品購入して交換できるので長く使えそう。

クリーナー注入口
フタにはクリーナー注入用の穴が開いている。
使用中にここからクリーナーが噴き出すので、フタが欲しい。

チェーンをセット
使用方法は、まずフタを開けた状態で本体にチェーンをセット。
このときチェーンラインが真っ直ぐになるようにギアチェンジしておく。
また、クリーナーが飛び散るので周囲の養生を忘れないこと。

フタを閉じる
フタを閉め、左右のロックをする。

クリーナー注入
注入口からクリーナーを注ぎいれる。
本体に書いてあるFILLラインまで溜まったらいよいよクリーニング。
ペダルを30回程度逆回転させる。
このとき、サイクロンの位置はリアディレーラ寄りの方が回しやすかった。
クリーナーが飛び散るので回転速度は適宜調整。
両手がふさがってしまうため、この部分は写真無し。

真っ黒クリーナー
クリーニング後、外した本体に溜まったクリーナー。
真っ黒になっている。底には磁石に引き寄せられた鉄粉も。

お掃除アフター
綺麗になったチェーン。
掃除前はオイルに砂が付着してヘドロのようになっていた。
ちなみにCB-2 シトラスチェンブライトは潤滑成分もあるので、
クリーニング後は滴らない程度に拭き取れば潤滑剤は不要。
掃除自体も楽なので、マメにやれば問題なさそう。
値段はそこそこするがメンテ効率は格段に良くなるのが嬉しい。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/20(水) 20 58:45 | もの:自転車 | トラックバック 0 | コメント 2

ジテツウ記録:08/02/20

今日も真っ直ぐ帰宅。
で、チェーンのお掃除をした。

先の週末、走ったあとにフレームの掃除しかしていなかったので、
チェーンやらギアリングやらに砂がくっついてしまっていた。
砂が研磨剤の役目をしてチェーンの寿命が縮む、とも聞く。
早いうちに綺麗にせねばと思い、先日購入したサイクロンでゴリゴリお掃除。
すっきりしたので安心して乗れるようになった。

走行距離:9.8km
平均速度:22.0km/h

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/20(水) 20 26:16 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 0

ジテツウ記録:08/02/19

今日は残業で遅くなったので記録だけ。
とくに寄り道もなし。

走行距離:9.9km
平均速度:22.2km/h
帰宅が遅く、道路が空いていたのをいいことに全力走行。
ちょっとだけ平均速度があがった。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/19(火) 22 01:17 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 0

ジテツウ記録:08/02/18

本日もジテツウ。
朝はまだまだ冷え込む。スラックス一枚だとホント寒い。

帰り道は自転車屋さんへ寄り道。
住宅街を抜けようとしたら行き止まりだったりして、また新発見。
日々裏道を探して走っている気がする。

途中、タイヤに小石が刺さって焦る。
幸いすぐに気づいて抜いたのでパンクするほどの大事には至らず。

自転車屋さんではコラムスペーサーを購入。
この冬最後(予定)の散財、ステムを取り付けるために必要。
アルミとカーボンで悩んだけれど、見た目でカーボン製に。

走行距離:13.8km
平均速度:19.5km/h

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/18(月) 21 26:41 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 2

ビーパラ in 日本平

今日は日本平でオフ会に参加。
ホンダの軽自動車、ビートのオフ会でその名も『ビートパラダイス』
大層な名前だが、基本的に立ち話して終了~というユルさ。

日本平山頂まで自転車で来る時の下見を兼ねて旧道を上る。
途中、アタック中のローディーを何人か追い越す。
クルマで上っても長いと思う山坂道、カメレオンテで上れるのかなぁ。

ビーパラ
オフ会は駐車場の一角でだらだら開催。
ただでさえ珍妙なクルマが20台近く集まるともう異空間状態。
オフ会とは関係なくフェラーリ(328?)やらアストンマーティン(DB7?)
なんかも走っていて観光に来られた方は驚いたかと思われます。

昼近くまでだらだらと喋ったり、不用品交換じゃんけん大会をしたりして解散。
有志でのランチinイタリアに参加することにしていったん帰宅。
イタリアは駐車場が狭いので台数調整のためカメレオンテに乗り換えて合流。

アンティパスト
スパゲッティ・ポモドーロ
コトレッタ(少なめ)
本日のランチメニューは
アンティパスト3種盛り(フリッタータ、サラミ、カルパッチオ)、
プリモピアットにスパゲッティ・ポモドーロ、セコンドに鶏のコトレッタ。
ドルチェは苺のティラミスでした。
ランチは全体的にボリューム抑え目なのでカロリー的には一安心。

駐車率150%
食後、駐車場を覗いたらこんな状態でした。
本来の駐車スペースは4台分のハズなんですが。
通りがかった人が笑いながら眺めてました(^^;

解散した帰路の途上、清水銀座のタケダフルーツでバナナジュースを立ち飲み。
そのまま都まんじゅうでまんじゅうを買って帰宅。

都まんじゅう
都まんじゅう10個。1個30円。焼印はランダムでロゴかパンダ。
白あんの小さな今川焼という感じ。
安いのでつい通りがかりに買ってしまう。

走行距離:5.0km
平均速度:18.1km/h
今日は完全に近所のポタモード。
昨日の疲れも抜けてないし、こんなもんでしょ。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/17(日) 18 30:26 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 0

御前崎から帰ってきた。

走ってみた。からの続きです。
ルート詳細

さて、御前崎を出発する段になって気づいた衝撃の事実。
この日の風向きは西~北西というところ。
静岡から御前崎まで、ずっと南西に走っていると思っていたので、
当然の向かい風に疑問を抱かなかった。
そして帰り道の追い風に期待もしていた。

ところが、御前崎を出発しようとした途端に向かい風。
???となりながら近くの案内板を見て愕然とした。

地頭方の分岐から御前崎までは道が南東に伸びている・・・
そういえば地頭方から向かい風が弱くなったけなぁ・・・
あれは風が弱くなったんじゃなくて追い風だったのか・・・
ということは帰り道、いきなり向かい風スタートですか・・・

御前崎ヤシの木ロード
がっくりしつつも、帰らにゃならん。
往路ではさくっと走り抜けた御前崎ヤシの木ロードを横目に見つつ、
『地頭方から先は追い風』をモチベーションに進む。
好天に駿河湾がまぶしい。

予想通り、地頭方からは左後方からの追い風になった。
横風混じりで、気を抜くと車道に膨らむのが怖かったが、
追い風も手伝って20km/h代後半で巡航し相良の町へ。

往路はこのあたり150号線を走ってきたのだが、
復路では太平洋岸自転車道を走ってみることにした。
150号線の山側を並走する自転車道を走る。
往時は駿遠線というローカル線の線路だったため、
家屋がみんな自転車道に背中を向けて建っている。
些細なことなのだが、ちょっと違和感のある光景だった。

駿遠線のトンネル跡
と、その先にトンネル発見。
先に書いた駿遠線時代のものらしい。名称は不明。
自動車では通り抜けられないほどの狭さで、
これを電車が通っていたと考えるとなかなかすごい。

トンネルを抜けたところで自転車道が無くなってしまったので
相良市街を抜ける。路肩が広くて走りやすく好印象。
そのまま150号線に合流し、自転車道へ復帰。
一気に吉田まで走ったところでお昼ご飯にすることにした。

カレーショップきしばた
寄ったのは『カレーショップきしばた』。
近隣では割と有名・・・というか、昔からあるお店。

ドラカツ
注文したのは定番メニューのドライカツカレー。通称ドラカツ。
ドライカレーの上に揚げたてのトンカツ、さらにカレールー。
なんと幸せなコンビネーション。
長年営業しているだけのことはあり、いつ食べても美味しい。

再出発後は食後の腹ごなしにのんびりペース。
このあたりで自転車屋さんから注文品入荷の報せが。
帰り道に自転車屋さんに寄っていくことにする。
気づくと走行距離が100kmを超えていた。

焼津を抜け、帰り道も大崩海岸へ。
焼津側からのほうが上り坂の距離が長くてしんどい。
ひーこら言いながらなんとか上りきって一気に静岡へ下る。

安倍川を渡ったところで自転車屋さんへ向かうため針路変更。
東静岡駅方面へ向かい市街地を抜けていく。
普段、自動車では通らない裏道を駆使してバイシクルわたなべへ。
注文してあったハンドルステムを受け取り、ついでにドリンクも補給。

ここから家までは走り慣れた道。
週末午後の混雑を避けるため、裏道中心で自宅まで帰った。
4時30分、帰宅。日暮れ前に帰ってこれました。

さすがに全身疲れたし、太ももはパンパン。
それでも、まだ余力はあるかな?という感じ。
制限時間を考えると、ブルベ200kmはなんとか・・・というところ。

走行距離:138.4km
走行時間:6時間47分
平均速度:20.3km/h
消費カロリー:4295kcal
目標の100kmは予想外に簡単に達成。
時間に余裕を持って自分のペースで走れば無理しなくても走れる。
心拍センサー不調があってカロリーは10km分くらい少なめ。
御前崎の海鮮をパスするという、ポタメシ的にはマズーなサイクリングでした。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/17(日) 15 39:00 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 4

御前崎まで走ってみた。

今日は天気が良さそうだったので会社を休んでサイクリング。
丸一日使って100kmに挑戦だっぜ!と思っていたので、
御前崎まで行ってみることにした。
ちなみに走ることでいっぱいいっぱいだったので写真少なめ。
ルート詳細

6時半に起きて朝食&身支度を整え、7時40分に出発。
太平洋岸自転車道を南下、三保への分岐を過ぎ久能海岸へ。
まだ朝早いためか空いている久能海岸を抜け安倍川を渡る。

さて、ここで分岐。
1.このまま150号バイパスを行く。
2.大崩海岸を抜ける。
3.北上し丸子側へ迂回。

選んだのは1。
距離を走るのが目的なので大崩で足を使いたくなかったし、
丸子へ回るのはいささか遠すぎる。

ところが、150号バイパス新日本坂トンネル入り口で、
『この先のトンネルは歩行者・自転車は通行できません』
と看板が・・・そうだったのか・・・

腹を括って大崩海岸ルートへ。
日本平ほどではないがそれなりに難所、というイメージがあったのだが
なぜだか意外にあっさり超えられた。
「薩た峠の激坂に比べたらこんなの大した勾配じゃない!」
と思って登ったのがよかったのだろうか。思い込みって大事。

あとはひたすら150号線を走るだけなのだが、向かい風が強い。
正面からの向かい風で巡航速度が20km/hを下回ることもしばしば。

焼津市外を抜け、大井川を渡る。
橋の上は吹きさらしで向かい風がいっそう厳しかった。

案内板
大井川西岸にあった看板。
地図が大雑把で、距離も1区間分しか書いてないので役に立たない。

その後、いったん太平洋岸自転車道を走るも、
道の悪さと一時停止の多さに辟易し150号線へ復帰。
自動車の絶対量が少ないのでこちらのほうが走りやすい。

御前崎まで20km
静波海岸付近で御前崎まで20kmの標識を発見。
この時点で走行距離は50km超。
Uターンしても100kmは達成できることになる。
時刻は10時50分。
ほぼ3時間でここまで来たので、追い風の期待できる帰路は遅くとも
同程度の時間で走れるだろう。
御前崎まで行くと+40km≒2時間。
日が暮れるまでには帰れそうだ、当初の予定通り御前崎へ向かう。

榛原~相良間の自転車道は向かい風を除けば快適だった。
自動車道とは完全に分離されているので精神的に楽。

地頭方の交差点を御前崎方面へ進む。
このあたりから向かい風が弱くなってきて、御前崎まで快適だった。
ただ、路面に砂利が浮いているため海を眺めて走る余裕はナシ。
そしてようやく御前崎に到着。着くと同時に正午の時報が響いた。

御前崎マリンパーク
こちら御前崎マリンパークの風車。ヤシの木が風にあおられてます。
写真では判別できませんが、はるかかなたに富士山が。
特に何があるわけでもない場所なので早々に退散。

海鮮なぶら市場
そしてお隣の海鮮なぶら市場へ。
休日の昼時ということで食事処は軒並み混み混み。
補給食を食べたせいか、おなかも空いてないのでこちらも退散。
帰路へつくことにした。

『帰ってきた』編へ続きます。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/16(土) 20 32:12 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 4

ジテツウ記録:08/02/15

本日も晴天なり。しからば自転車通勤。
しかし冷え込みますね。朝晩どころか昼でも寒い。
寒くて関節痛めそうなので軽めのギアで負荷を掛けないように走行。

宅急便を受け取るため一旦帰宅し、荷物を受け取って友人宅へ。
日が暮れるとさらに寒い。顔面がひきつってくる。
友人宅で所用を済ませ帰宅。

帰宅後、自転車小物が詰まった荷物を開封してチェック。
ようやくインナーパンツを購入したりとか。
さっそく週末サイクリングで使ってみようと思う。
あとはテールライトとシートポストクイック、そしてプロテイン。
今回購入したものは追々紹介していく予定。

走行距離:20.0km
平均速度:19.4km/h

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/15(金) 21 39:18 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 0

イタリアで晩御飯。

世間はバレンタインデーのようだけど、パンターニを偲びつつ晩御飯。
バール スパゲッテリア イタリアへ。

開店直後でお客さんがいなかったのでオーナーのステファノと自転車談義。
カメレオンテを見せたら、
「昔この色の自転車乗ってたネ。でもシマノよりカンパニョーロが好きヨ。」
といった旨のことを言われた。カンパはちょっと買えないよ。
ちなみにステファノは伊語+カタコト日本語なので、
会話が完全に成立することはあんまりないのだけど、それもまた良い塩梅。

DE ROSAが欲しいネ、と連呼していたので、
バイシクルわたなべDE ROSA チンクワンタあったよ」
と教えてあげたりとか。値段を聞いて天を仰いでたけど。


カルボナーラ・フジッリ
鶏のコトレッタ
お料理はカルボナーラ・フジッリとコトレッタをオーダー。
どちらも好きなメニューなので幸せ。
食後にマダムからケーキのサービス。そういえばバレンタインだったっけ。
エスプレッソを飲み干して帰宅。

走行距離:12.0km
平均速度:19.5km/h
今日は消費カロリーより摂取カロリーのほうが多いんだろうなぁ・・・

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/14(木) 22 17:22 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 4

ジテツウ記録:08/02/13

毎度おなじみ自転車通勤。
今日はある物を買うため自転車屋さんへ寄り道。

ジャージ表
ジャージ裏
ある物とはBianchiの半袖ジャージ。
昨晩、『そういえば明後日はパンターニの命日だなぁ・・・』
と思っていたとき、行きつけのお店にジャージがあったのを思い出し
居ても立ってもいられなくなって勢いで購入。
サイズがぴったりだったのは巡り合わせかな。

購入したのはパンターニがツールとジロを勝った記念すべき年、
1998年のメルカトーネ・ウノ・ビアンキチームのレプリカジャージ。
なんで10年も前のレプリカが売っているんだろう?

正直、今の走りでこれを着るのはあまりに荷が勝ちすぎ。
半袖ジャージの出番が来るまでにもう少し走れるようになりたい。

明日はこれを肴に一杯呑ろうかな・・・

走行距離:20.8km
平均速度:22.3km/h
自転車屋さんの閉店時刻に間に合うよう走ったので平均速度速め。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/13(水) 22 34:32 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 6

サプリを買ってきた。

今日は小雨がぱらついていたのでジテツウはなし。
週末の疲れがまだ抜けず、足が重い。
アフターケアも一応してるけど、基礎体力ができてないからなぁ。

クルマで通勤したので帰宅前にスポーツ用品店へ寄り道。
お目当てはスポーツドリンクとサプリメント。
お目当てのものは決まっていたので、さくさく会計して帰宅。

サプリメント
購入したのはグリコのCCDドリンクとエキストラアミノアシッド。

CCDはおなじみの高カロリースポーツドリンク。
これまでのサイクリングではアクエリアスアクティブダイエットを
ボトルに詰めていたのだけど、後半エネルギー不足気味になっていた。
まあ、アクティブダイエットは500mlあたり40kcalしかないので、
カロリー補給に向いていないのはしょうがない。
というわけで、CCDを使ってみることにした次第。
これなら1袋141kcalとなかなかのカロリーなので期待できそう。

エキストラアミノアシッドは回復系を謳うサプリメント。
亜鉛、アミノ酸、ビタミンB6等が配合されているらしい。
ちょうどお疲れ状態なのでさっそく試してみようと思う。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/12(火) 21 51:18 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 2

ジテツウ記録:08/02/11

世間は祝日だが、僕はお仕事。
というわけで、寝坊してあわてたが今日も自転車で出勤。

祝日のためだろう、通勤車両が少なく走りやすかった。
昨日の疲れが抜けていなかったがそこそこ走れた。

帰りはちょっと寄り道をして自転車屋さんへ。
チェーンクリーニングキットとLEDライトを購入。
道が空いていたので、速いペースで帰った。

走行距離:21.3km
平均速度:21.3km/h
走行時間ちょうど一時間。
遠回りして帰宅したが、このくらいの距離でちょうどいいかも。
さすがに5kmは短すぎる。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/11(月) 22 48:23 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 2

久能海岸を初サイクリング。

薩た峠越えの続きです。

峠を下りたところで、帰路につくにはまだ早い時間。
天気もいいのでこのままサイクリングを続行することにした。<ルート参考

海沿いに出て興津を抜け、太平洋岸自転車道を三保方面へ。
当初、三保半島を回ろうかと思ったのだが、予定変更。
久能海岸沿いを走ってみることにした。

三保への分岐になる駒越東町交差点を直進して150号線へ。
適当な路地を左折して、海沿いにある太平洋岸自転車道へ向かった。

久能海岸
太平洋岸自転車道に並走して、新しい道が作られていた。
まだ工事中で自動車が通らないので左車線独り占め状態。
真新しい舗装の上を海を眺めながら走る。
開通したらこの快適さは無くなるだろうなぁ、と思うと残念至極。

ジャルディーノ
途中、ローディーの人にチギられたりしつつジャルディーノに到着。
牧場直営のお店で、ミルクジェラート『ジャージー』がおすすめ。
ランチにはまだ早い時間だったのでジェラート『クッキークリーム』を食べて撤収。
折り返して久能海岸を清水に向かってひた走る。

いちご狩りシーズンのため、久能海岸は渋滞していた。
延々と続く車列の横を走り抜けて久能海岸を抜け、自転車道を北上。
エスパルスドリームプラザ前で左折し、さつき通りへと入る。

イタリア
新清水駅前にあるバール スパゲッテリア イタリアでランチ。
イタリア人オーナーシェフが作るイタリア料理店。
オーナーシェフのステファノはサーカー好きF1好きイタリア人。
肩肘張ったお店ではないので気楽に立ち寄れるのが良いところ。
Bianchiを見せびらかそうと思ったのだが、盛況で忙しそうだったので断念。

おなかがいっぱいになったところでのんびり帰宅。
帰宅後カメレオンテを軽く拭き、各部のチェックをして本日は終了。

走行距離:54.7km
平均速度:19.1km/h
消費カロリー:1917kcal
なんだかんだで結局50kmを超えた。
平均速度の遅さは峠の上り坂のせいだろう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/10(日) 22 57:04 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 2

薩た峠に挑戦。

予報どおり、今日は朝からいい天気。
本来なら今日50kmライドに挑戦するつもりだったのだけど、
思いがけず昨日達成してしまったので目先を変えてみることにした。

昨日のコース途中、入り口を見ただけで挑戦しなかった薩た(さった)峠。
日本平アタックの練習を兼ねて、本日のターゲットはコイツに決定。
この道路、旧東海道において由比~興津間を結ぶ山越えルートだったので、
現在においても両側から登ることが可能になっている。
そこで、由比側ではなく勾配の緩そうな興津側から登ることにした。<参考

自宅から峠の入り口までの約5kmはウォームアップ。
軽いギアで体をあたためつつ、来るべき坂道に備える。
昨日の疲れがまだ残っているが体調は悪くない。足もよく回る。
事前に地図を確認しておいたので迷うことなく峠への分岐に到着。

上り坂に入っても、ほとんど平地と変わらない勾配に足取りも軽く回る。
由比側の入り口とのあまりの差に、こちらを選んで正解だったな、と思う。

が、そんな楽観は次の瞬間粉々にされた。
これまでの坂はなんだったんだ、と思うような急勾配が見えてきたのだ。
即座にフロントギアをインナーに入れ、急坂に挑んだ。
キツい。シッティング(座りこぎ)ではほとんど踏めない。
必死にダンシング(立ちこぎ)しつつ、カーブをひとつふたつと抜ける。
だがさらに増した勾配に、ついに足を着いてしまった。
前輪が何度か浮いた、と書けば勾配のきつさがわかるだろうか。
結局、展望駐車場までに2度足を着き、うち1度は勾配が緩くなるまで押した。

駐車場から
駐車場で一休み。遠くに富士山がかすんで見える。
しかし山越えルートとしては最高地点にあたる駐車場だが、
実はここからさらに上へと道が続いていた。

みかんロード
その道とは、みかん農家のための農道。
両側にみかん畑が続く、相変わらずの激坂をひたすら登る。
失速して何度も立ちゴケしそうになったが、マルチリリースのクリートが大活躍。
慌てて足を出そうとしたとき、あっさり外れてくれて立ちゴケせずにすんだ。

今日の富士山
途中、富士山がきれいだったので記念撮影。
カメレオンテの後ろにあるのは、みかんを運ぶトロッコ。

駿河湾一望
さらに登り、ようやく最高地点へ到着。
左手に富士山、右手に駿河湾、眼下に東名と国道一号が収まる。
静岡県民には夕方のニュースでおなじみの風景だが、
実際にその場に立ち、風景の持つスケールに圧倒された。

実は最高地点より先に下り坂が続いていたのだが、どこに続いているか不明。
地図を見ても最高地点付近から先は載っていなかった。
もし行き止まりだった場合、Uターンして戻ってこなければならない。
その場合かなりの急坂を登ることになるので、その場で引き返すことにした。

さて、ここまで激坂急坂上り坂と連呼してきた。
いざ下るとなると、これがそのまま激しく急な下り坂に化けるわけで。
万が一落ちたら、少なく見積もっても数10mは落ちる絶壁なのに、
ガードレール無し。ついでに路面は荒れてて石コロが。
怖い。無茶苦茶怖い。

重心を後ろにしながら、リアブレーキ主体でそろそろと下る。
下る途中、見通しのいいところでブレーキを離したら、
あっという間に30km/hまで加速した。ペダル踏んでないのに。

案内板
途中、駐車場まで下りて一休み。
看板の右側にあるのはゴミ箱ではなく、杖の入ったカゴ。
ハイキングに来た人が自由に使えるようになっている。
いまさらだけど、杖が必要なほど勾配がきつい道だったのか。

駐車場からは由比側へ下りた。
ガードレールのある区間が多く、精神的にはだいぶ楽。
今日はウォーキングイベントが無いようで、歩行者はいなかった。

由比の激坂
由比側の坂を下りきった一里塚前のY字路。
左が海沿いへの道、右が薩た峠への上り坂。
これを見れば、昨日僕が諦めたのも納得いただけるかと思う。

さて、薩た峠アタックは終わったけど、サイクリングはこのあとも続いてたり。
エントリが長くなりすぎたので一旦〆て、つづく。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/10(日) 18 45:32 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 2

ERGON GR2-S

ZEROBIKEで使用して快適性能の高さは確認済みのERGONグリップ。
カメレオンテ用に大型バーエンド付きのGR2(Sサイズ)を購入した。

ERGON GR2-S
相変わらず凝ったパッケージ。
グリップ部に芯が入っているので、店頭で握り心地が確かめられる。
バーエンドはマグネシウム製。

潤滑材を注入
まず、付いているグリップを外す。
グリップとハンドルバーのスキマに潤滑材をスプレーして引っこ抜く。
一度では抜けないので、ちょっとズレたらスプレー、の繰り返し。

幅560mm
抜けたところでハンドルバーの長さを計測。
だいたい560mmというところ。
僕の肩幅には長すぎるので片側10mmずつ切断した。

ボルト拡大
バーエンドの裏にあるボルトを緩めて装着。
グリップとバーエンドの角度を決めたら、ボルトを締めて固定する。
固定ボルトが1本の為、バーエンドの角度を変えるためにボルトを緩めると
グリップの角度も変わってしまうことがあるのは改善の余地あり。

交換終了
グリップ交換終了の図。
ここから何度か微調整をして現在の角度に。
快適性は非常に高く、手の疲れや痛みがかなり軽減された。
エンドバーを握るときにも、親指の付け根がグリップに乗るのが良い。
冬場はマグネシウム製エンドバーが冷たくなる。夏はどうなんだろう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/09(土) 21 49:11 | もの:自転車 | トラックバック 0 | コメント 2

富士川楽座までサイクリング。

朝起きて天気予報を見たら、昼から崩れるとの予報。
空を見上げて昼までは大丈夫そうだと判断し、
片道20km程の富士川楽座までサイクリングすることにした。


急いで身支度を整え、カメレオンテの空気圧チェックをして出発。
朝から曇天で太陽が出ていないためか、空気が非常に冷たい。
ほとんど無風なのが救いといえば救いか。

国道1号線沿いを東進し、先日Uターンした場所を通過。
その先で国道1号線を横断して旧東海道を走る。
ウォーキングイベントがあるらしく、リュックを背負った人が沢山いた。
途中、地元のおっちゃんに声を掛けられたりしつつ、由比・蒲原を通過。
道なりに進み、富士川橋西岸の交差点を通過。
目的地まであと1km足らずなのだが、富士山が見えたので小休止。

富士山
歌にあるとおり『頭を雲の上に出し』た富士山。
山腹から上は真っ白なので、晴れていればさぞきれいだっただろう。
今度は天気の良い日に来たいところ。

富士川楽座
出発から1時間ほどで目的地の富士川楽座に到着。
到着直前の上り坂以外は平坦基調で思っていたよりも楽な道のりだった。
ところが到着したところでキーロックを忘れた事が判明。
こんなところで自転車を盗まれることはないだろうが、
万が一を考え目の届く範囲で写真を撮って帰ることにした。

のたね
2004年に開催された浜名湖花博のマスコット『のたね』の風見鶏。
ほとんど風が吹いていなかったので、ゆーっくり回っていた。

謎の模型
植え込みの影にあった全長7~8m程の建築模型。
多分、富士川楽座のイベントで使用されたものなのだろう。
洒落た造形なのだが、有名な建物なのだろうか?

売店で補給食を買い、帰路につく。
富士川橋まで下ったところで富士川の土手沿いにルート変更。

富士川河川敷
写真右側で奥に続いているのが土手の上の道。
舗装状態は見た目より悪くはないし、交通量が少ないので快適。
風が強いときは吹きさらしなので難儀しそうだけど・・・
左側の枯れ果てた河川敷は、夏場にはジャングルになっていたりする。

富士川右岸を快適に下って国道1号線富士由比バイパスに合流。
しかし自動車専用道になっているため、迂回ルートを探して迷う。
新蒲原駅付近でようやく往路と同じ道に合流。
あとは蒲原・由比と、1時間前に通った道を遡っていく。

案内板
由比駅を過ぎたところで案内板を発見。
写真はその一部だが、薩埵(さった)峠越えルートが載っていた。
本来のルートでは一里塚の交差点で海側へ曲がるのだが、
山側へ進むと薩埵峠のほうに向かうらしい。
挑戦しようか悩みつつ進み、一里塚のY字路で右の道を見て即決。
『無理』
自転車で登れるのか?という斜度。なんだこれ。

峠越えは早々に諦めて国道一号線ルートへ。みかんがいい匂い。
時刻は10時半を回るところだったのだが、予想外に天気が良い。
昼過ぎまでもちそうなので、件のリアディレーラを交換してもらうため、
急遽自転車屋さんへ向かうことにした。

旧東海道興津宿でもウォーキングの人がたくさん。
もしかして由比から歩いてきたのだろうか?皆さん健脚でいらっしゃる。
いつものたい焼き屋さんには長蛇の列ができていた。

リアディレーラの交換をしてもらっている間、店内をぶらぶら。
2008年モデルが一気に入荷したのか、在庫がかなり増えていた。

ディレーラ交換が終わり、一路自宅へ。
予想以上に作業に時間がかかったので天気がマズい。
急いで走り出したのだが、心拍数モニターが無反応。
おなかが減って腹回りが細くなったので心拍数センサーがずれたらしい。
コンビニでセンサーを濡らしなおして心拍数モニター復活。

今にも降りだしそうな空を見つつ、ただただ走る。
後半の写真がまったく無いのはひたすら走っていたため。
結局、帰宅から小一時間後に雨が降りはじめた。

走行距離:65.8km
平均速度:21.3km/h
消費カロリー:2070kcal
驚きの走行距離60km越え。
当初40kmの予定だったので、足の使いすぎで最後の10kmはツラかった。
ペース次第で十分余力は残せそうなので100kmが見えてきた気がする。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/09(土) 20 25:49 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 4

ジテツウ記録:08/02/08

今日は輪行するためZEROBIKEで出勤。

久しぶりにZEROBIKEに乗ったらポジションの違和感に驚いた。
サドル位置が低い!ペダルが前のほうにある!
カメレオンテのポジションが所謂『普通のスポーツ自転車』なのだろう。
ZEROBIKEのポジションは今後再調整したい。
なんだかこぎにくいな・・・と思いつつ出社。

走行距離:4.8km
平均速度:不明
サイコンをリセットし忘れ、データが以前走ったときのものと混じってしまった。
距離はいつもの通勤経路で4.8km。
平均速度は15km/h前後だろう

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/09(土) 17 24:32 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 0

ジテツウ記録:08/02/07

今日は天気が良さそうなのでカメレオンテで通勤。

朝方は相当冷え込んでいた。
少々寝坊したのでウォームアップが不十分で足が回らない。
速度が乗らないので車道は危険と判断して歩道を走った。
巡航速度がガクッと落ちるのがイタい。

残業のため、日が暮れてからの帰路。
ラッシュが終わっていたので車道で30km/h巡航。
フロントアウターで高速巡航するには筋持久力が足りない・・・

明日は職場の送別会があるのでZEROBIKEで輪行予定。
週末は天気次第で長距離を走ってみたい。

走行距離:9.7km
平均速度:20.6km/h

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/07(木) 23 02:17 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 0

今年の目標のようなもの。

今日は天候不良のため、ジテツウ中止。
明日は晴れるようなので是非乗りたい。

さて、本年が始まって早くも一月がすぎてしまったわけだけれども、
クロスバイクも納車されたことだし、今年やりたいことを考えてみた。

・100kmツーリング
当面、一番の目標。
今の僕の脚力だと最低6時間はかかるんじゃなかろうか。
少しずつ距離を伸ばして、いずれ・・・という感じ。

・日本平登頂<参考
近隣で一番のヒルクライムスポット。
今の体力ではとてもじゃないが登れない。
もう少ししたら一度挑戦してみようと思っている。

・富士山一周ツーリング
昨年、富士山一周エコサイクリングなるイベントが開催された。
当時はまだZEROBIKEしか無かったので参加はしていないが、
富士山一周で100kmというシチュエーションがすごく印象に残った。
前述した100kmツーリングがこなせるようになったら、是非挑戦したい。

・ブルベ挑戦<参考
以前ちょっと書いたのだけど、超長距離サイクリングが気になる。
今年のエントリーは既に締め切られているので、早くても来年以降なのだが、
100km完走の先の目標に置いておこうと思う。
正直、まだまだ体力脚力持久力不足。

まずは普段から楽しく長く乗ることが第一かな。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/06(水) 22 43:51 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 4

日暮れ時サイクリング。

予報どおりの晴天だったので自転車で通勤。
先日の通勤ではほとんどの区間で自歩道を走ったのだが、
今日は車道メインで走ってみた。

自歩道とはまったく違うペースで走れるので至極快適。
懸念していた自動車との車間も、ヘルメット着用が効いているのか
幅寄せされることもなかった。

定時で帰宅して天気予報を見たら、明日は天気が怪しい。
走れるときに走ろうと思い、着替えて太平洋岸自転車道を西へ。
由比町付近まで走ったところで日が落ちたのでUターンして帰宅。
自転車道は街灯が皆無で路面が見難かった。


走行距離:25.3km
平均速度:20.4km/h
消費カロリー:576kcal
走行距離は通勤9.7km+サイクリング15.6kmの合算。
車道を走ったので平均速度がちょっとあがった。
消費カロリーはサイクリング分のみ(通勤は心拍計を着けていないため)

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/05(火) 20 40:41 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 2

弾力あるジテツウを。

今朝は雨上がりの路面を見て、自転車通勤は止め。
フェンダーが付いていないので水を跳ね上げる可能性を考えてのことだ。

そもそも僕は自転車通勤を義務として自分に課していない。
運動不足解消のための自転車通勤ではあるけれど、
『自転車で通勤すること』が苦労や苦痛になってしまっては続かないと思うのだ。
だから、今日は自転車通勤は駄目そう、と思ったら即中止。

ただし、天候に憂いがなければ躊躇しないことも決めてある。
なにより、楽しく走りたいじゃないですか。

ちなみに明日の予報は概ね晴れ。
タイヤの空気圧チェックして早く寝よっと。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/04(月) 22 23:14 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 0

リコール情報:カメレオンテ4

車名:
ビアンキ
状況:
リアディレーラの構造が不適切なものがあるため、
一部ギヤの組み合わせにおいてチェーンの張りが十分でなくなる。
そのため、その状態で使用を続けるとチェーンが脱落する恐れがある。
対策:
全車両点検し、当該車両はリアディレーラを対策品に交換する。



と、自動車ネタっぽく書くとこんな感じなわけですが、
自転車屋さんに買い物に行ったら、上記のような話が飛び出してきましたよ。

もう少し詳しく説明すると、シマノ105グレードのリアディレーラは2種類あり、
対応するギアレンジによって使い分けるようになっています。
一般に、ロードレーサーのようにフロントギアが2枚の場合は最大と最小の
歯数の差が少ないので容量の小さなショートケージ型を使います。
翻って、フロントにトリプルギアを採用すると最大と最小の歯数差が大きいので、
容量の大きいロングケージを使うことでチェーンの張りを確保します。

さて、カメレオンテ4はロード寄りとはいえフロントトリプルのスピードバイクです。
フロントトリプルなので、当然リアディレーラはロングケージです。
カタログから借用した写真をご覧ください。

カタログ写真
図中、黄色い円で囲んだ部分、リアディレーラから下に伸びる銀色のアームが
長いです。これはロングケージ仕様ということなのでこれが本来の状態です。
次にリコール当該車種の写真をご覧ください。

ショートケージ
アームが短いため、ディレーラとプーリー(黒いギア)が非常に近いです。
この状態でフロントをインナーギアに入れてシフトアップしていったところ、
途中でアームの容量が足りなくなり、チェーンの張りが無くなってしまいました。
これではいつチェーンが脱落してもおかしくないです。

販売店さんから聞いたところによりますと、
サイクルヨーロッパジャパンでは販売店に対して代替品(ロングケージ仕様)を
発送、販売店より購入者に連絡し無償交換を行うようです。

ちなみに2008/02/03/22:30(JST)時点でサイクルヨーロッパジャパン公式サイト
ではこの件についての発表はありません。
今後、公式発表があり上記内容と食い違いがあった場合はご容赦いただきたい。

しかしこの件、要するに部品を間違えただけの話なんだけど、
通信販売で買った人たちはどうなるのか少々疑問と不安。
1月後半にある程度の台数のカメレオンテ4が販売されたようなので、
不幸な事故が起こらないよう祈りたい。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/03(日) 22 40:29 | Bianchi Camaleonte | トラックバック 0 | コメント 0

サドルバッグを買いに行った。

起きたら予報どおり雨でがっくり。
昨晩から降っていたのであきらめてはいたけど、やっぱり悲しい。

ところで、先日購入したRIXEN&KAULのエクステンダーのお話。
実はカメレオンテには使えなさそうな事実が発覚。
輸入元サイトや製品パッケージには書いてないのだけれど、
どうやらカーボンポストには使えないらしい。
あさひの商品ページに書いてあったのだけど、考えてみれば当然な気もする。
このためだけにアルミポストに替えるのもどうかと思い、
かといって手ぶらにはしたいのでサドルバッグを導入することにした。

人に話を聞いてみるとワンタッチ式が便利ということでSCICONのサドルバッグを購入。
なんでこうワンタッチ着脱アイテムに弱いかな、自分。
サドルバッグが工具でいっぱいいっぱいかな?というサイズなので、
ついでにトップチューブに着ける小物入れも購入。
このふたつとRIXEN&KAULのバックパックを組み合わせて使おうと思う。

さらについでに、レッグウォーマーを買ってしまった。
この季節に七分丈パンツはさすがに寒かったのよさ。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/02/03(日) 21 08:29 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 0
次のページ

Twitter

プロフィール

はる

Author:はる
Bianchi Camaleonteでもりもり通勤中!たまに極小径車ZEROBIKEでお買いもの。C2C 928Carbonの出番減少中・・・

参加してます。
にほんブログ村 自転車ブログへ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

マイリンク

ブログ内検索


Copyright ©車輪の上の日々 All Rights Reserved まとめアフィリエイト Powered By FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。