車輪の上の日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) -- --:-- | スポンサー広告

ジテツウ記録:08/07/30

帰宅直前にパラリと降られた。
厚い雲も出ているし、夜中には本降りかな・・・
朝には止んでいて欲しいところ。

カメレオンテが通勤専用車になっているので、泥除けを付ける事を考えたほうがいいのかも。
見た目に拘るなら付けないほうが・・・う~ん・・・

走行距離:9.8km
スポンサーサイト

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/30(水) 19 32:52 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 4

ペダル軸を分解してみた。

帰宅後、ふと思いついてPD-A520のペダル軸を分解してみた。

どこかのレビューで『A520はグリスが少なくて動きが渋い』と書いてあったのだが、確かに指で回すと回転が重い気がする。
これまでに500kmほど走ったのだが、ペダルが垂直位置にならないのでキャッチしにくいのも気になっていた。

TL-PD40
PD-A520と専用工具TL-PD40。
工具は以前、散歩のついでに購入。100円しなかったと思う。

抜いたペダル軸
TL-PD40をペダル軸のスプラインに噛ませ、モンキーレンチで回すとあっさり外れた。
ここからさらに、ペダル軸先端のダブルナットを外してベアリングを抜く。

分解後
分解されたペダル軸。
ベアリング球は12個x2ヶ所。
全体的にグリスはあまり入っていなかった。

グリスをてんこ盛りに塗って再組み立て。
手がグリスだらけになってしまったので以後写真は無し。あしからず。

ベアリングの玉押し調整に手間取るが無事終了。
回転が若干滑らかになった気がする。
走って当たりがつけばもう少し良くなるかも。

ちなみにA520のペダル軸は、アルテグラPD-6620のペダル軸が流用できるらしい。
店頭のサンプルで比べると数段滑らかに回るのでお財布が許せばアリだと思う。

ジテツウ記録
走行距離:10.0km
SPDシューズでガム踏んだ(T-T
クリートは無事だったのが不幸中の幸いか・・・

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/30(水) 00 36:21 | Bianchi 928Carbon | トラックバック 0 | コメント 0

ジテツウ記録:08/07/28

そういえば、学生が夏休みに入ったので朝の路上が少し静かになった。
逆走自転車が一時的にでも減るのは嬉しい。

カメレオンテの後輪タイヤがだいぶ台形になってきた。
とりあえずは前輪とローテーションして誤魔化そうかと。
次はなに履かせようかなー。

走行距離:9.6km
あまりの暑さに寄り道する気力は蒸発。
この暑さは、あとふた月くらい続くのかなぁ。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/28(月) 22 15:37 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 2

芝川へジェラートツーリング。

明け方目を覚ますも、あまりの暑さにエアコンONして二度寝・・・
というわけで梅ヶ島はすっぱり諦めて、芝川にジェラートを食べに行くことにした。

国道52号へ向かう途中、ふと山越えしてみようと思い立ちUターン。
国道1号バイパスを跨ぎトンネルを抜けて山道へ。

波多打川沿いの坂道を延々上っていく。
大した勾配ではないのだが、あまりの蒸し暑さに汗が吹き出る。

茂畑の集落を抜けてさらに山深く上っていくと、どうやら山は越えたらしい。
道が下り勾配へと転じていた。
ところが、本当の山場はここからだった。

昨夜、雨が降ったのだろうか。
苔に覆われた路面はいっそう滑りやすくなっていて、足元を掬われること数回。
幸い落車せずに立て直せたが、そのたびに肝を冷やす羽目に。
落石も多く、フラストレーションが溜まるばかりのダウンヒルだった。

但沼へ抜け、国道52号を上る。
日陰の無い国道は山道にも増して暑い。
滝のように汗をかきながら富士見峠へたどり着き、芝川へと下る。

ダイナちゃん
一週間ぶりのダイナちゃん。
頭の手ぬぐいに『芝川』『茶』って書いてあるのに今日気づいた。

よりあいどころ
本日の目的地『よりあいどころ
ここのジェラートが美味しいらしい。

豆乳ジェラート
カフェモカ(シングル)320円也。
妙にさっぱりした味だと思ったら豆乳ジェラートだそうで。納得。
それにしても、暑さに負けてすごい勢いで溶けるのは勘弁してほしい。

雲行きが怪しいので先を急ぐ。
松野のコンビニでボトル補給をして富士川沿いを下る。
県道76号を走るつもりだったが、雨が降りそうなのでパス。

第二東名の橋
富士川に架かる第二東名の橋。
両岸に伸びる放物状のブリッジで路面を支える構造はなかなか面白い。
上り線と下り線で微妙に形状が違うので左右非対称。

と、ここで雨がパラパラ。
本降りになっていなかったのでそのまま帰宅。
結局、家に着くまで1時間少々降られ通しだったので結構濡れた。

帰宅したら、いの一番で自転車を拭いてチェーンに注油。
雨の中を長時間走るのは初めてなので、サビないかちょっと心配。

走行距離:58.6km
平均速度:21.7km/h
消費カロリー:1812kcal
ジェラートはブルーベリー味が気になるのでまた行きたい。
芝川の棚田見に行きがてら行こうかな。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/28(月) 00 08:50 | Bianchi 928Carbon | トラックバック 0 | コメント 4

ロードバイクの科学

ロードバイクの科学』を買った。

金曜日の夜、これを読んで深夜まで起きていたら土曜日に寝坊した。
そんなわけで土曜日のツーリングは無し。

それにしても、この本は面白い。
タイトルどおりの内容で所謂自転車雑誌とは一線を画す。
疑問に思うことに対してデータを取り、机上での計算と照らし合わせて結論を出す。
当たり前の行程だけど自転車雑誌ではまずお目にかからない方法なので新鮮だった。

正直、まだ理解できていない内容も多々あるのでしばらく読み込めそう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/26(土) 15 06:36 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 0

ジテツウ記録:08/07/25

金曜日も快晴。

朝はクールダウンの時間を取るようにしないと仕事にならない(--;
Mt富士ヒルクライムの参加賞Tシャツは速乾素材でいい感じ。

走行距離:14.8km
夕涼みしながら回り道して帰るのが楽しい。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/26(土) 13 32:36 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 0

伊佐布リベンジ。

今日は法事のために仕事はお休み。
法事が終わって帰宅したら、日暮れまで余裕があったのでちょっと走ることにした。

2~3時間で走れるコースをいくつか考えてみると、
○三保・久能海岸コース
○富士川・芝川コース
○和田島・西里コース
あたりを思いついた。
この中で以前ミスコースして走れなかった、伊佐布から和田島へ抜けるコースを走ってみることにした。

庵原川を北上し、以前間違えた交差点で左へ進む。
伊佐布の集落を縫うように上っていき、第二東名の工事現場を通過。
このあたりは伊佐布ランプが出来るため、そこここで工事が進んでいた。

吉原の集落を抜けたら、あとは下り坂。
狭くて薄暗い坂を下っていき、途中で広い道に出たら重力任せで和田島の徳利へ。
折り返すには早いので西里まで足を伸ばす。

今日の釣り人
雲が出てちょっと涼しくなってきたころ、釣り人に到着。
ここで折り返して興津川沿いを下って帰宅。
夏休みの子供達が道中のあちこちで興津川に浸かっていた。
今日も暑かったからねぇ。

走行距離:40.5km
平均速度:22.6km/h
消費カロリー:1035kcal
伊佐布ルートは以前通ったトンネルルートに比べて格段に傾斜が緩かった。
のんびり走るには良いけれど、工事現場のおかげで風情は薄い。
和田島側から上るとかなりきつそうな感じがする。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/24(木) 23 08:13 | Bianchi 928Carbon | トラックバック 0 | コメント 0

ジテツウ記録:08/07/23

水曜日のジテツウ記録。

ちょっと寝坊したけど天気がよかったのでジテツウ。
普段より遅く会社に着いたら駐輪場が埋まっていた(--;
スタンドが付いてない自転車だとこういうとき困るなぁ。

法事で帰省するため早退。
結果、午後の一番暑い時間帯に帰宅する羽目に。
このところ暑くて困る。

走行距離:10.7km

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/24(木) 23 03:12 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 0

はじめての日本平。

日曜日、すっかり寝坊して梅ヶ島ツーリングはナシ。
でも走らないのは勿体無いので日本平へ行ってみることに。

日本平にはクルマでは何度と無く行っているが、実は自転車で行ったことは無い。
静岡の自転車乗りにとってはヒルクライムタイムトライアルをする場所だとも聞く。
一度上ってみようと思っていたのでいい機会。

ウォーミングアップがてらくるくる回して日本平スタジアム前に到着。
赤信号が青になると同時にそれ行け!とスタート。
斜度はすばるラインより若干きついが、激坂と言うほどではないかな。

前半はいいペースで走れたが、後半は暑さでバテバテ。
15分が目安、と聞いていたのだが残念ながら届かず・・・
とはいえ、ペース配分を間違わなければ15分切りはいけそうな感触。
鍛えて再挑戦しよう。

日本平から
小休止したら山を下る。
天気はいいのだが霞がかっていて遠くが見えない。
富士山はまったく見えず、眼下の町すら白く霞んでいた。

山登りで疲れたので、久能海岸をのんびり流す。
海風のせいか、海岸沿いで日陰が無いにもかかわらず意外と涼しい。
そのまま海沿いの自転車道を安倍川まで走る。
途中の大浜プールは芋洗い場状態で大賑わいだった。

安倍川は渡らないでUターン。
お昼ご飯を食べにジャルディーノに寄る。

まぐろ丼
まぐろ丼。
ヅケまぐろが美味しい。

ジェラート&牛乳
食後はジェラートと牛乳。ジェラートの写真は初めてかな?
今回はジャージー(牛乳)とバローロ(赤ワイン)の2種類。
ランチセットのジェラートは毎回ランダムなので楽しみ。
牛乳はまあ、普通の牛乳。
通常は氷が入っているのだけど、僕はいつも氷抜きでお願いしてます。

帰り道、バイシクルわたなべでCCDドリンクの粉末を買って帰宅。
その後ZEROBIKEでお買い物に。
ZEROBIKEはもっぱら近所へのお買い物用になった今日この頃。

海の日は所用でつぶれたので、自転車に乗れず。
梅ヶ島(&安倍峠)ツーリングはいつになるやら。

走行距離:51.1km
平均速度:22.6km/h
消費カロリー:1508kcal
日曜日の分。
日本平まで往復+上り下りで1時間半くらい。
朝練するべきなのか・・・

7月23日追記。
日本平TTコミュを見たらロード乗りは20分切りが目安っぽい。
ちなみに先日のタイムは17分41秒。
というわけで、一応基準はクリア。
でもまた上るよ。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/22(火) 23 43:13 | Bianchi 928Carbon | トラックバック 0 | コメント 0

ダイナちゃんに会いに行こうツーリング。

3連休初日。朝から良い天気。暑い。
梅ヶ島へ行こうと思っていたのだが、寝坊して出遅れたので予定変更。
芝川までダイナちゃんに会いに行くことにした。

富士川の定渡船

まずは由比バイパスを通って富士川楽座で小休止。
富士川の定渡船(じょうどせん)を復元したものが展示されていた。
全長10m、間近かで見ると意外に大きい。

富士川楽座からは県道10号線を北上して芝川町へ。
先週の本栖行で通って覚えた道を早速活用。

新内房橋から
芝川駅前を通りすぎて、新内房橋から富士川を望む。
ここで富士川が瀬戸島という中洲にぶつかって二股に分かれている。

内房(うつぶさ)の集落を抜けたらダイナちゃんを目指して稲瀬川沿いを遡上する。
ダイナちゃんが鎮座するダイナ橋の場所を知らないので、橋の名前を逐一確認しながら進む。
このあたり、蛇行する稲瀬川を何度も渡る事になる。
パンク耐性の高いバイクなら土手沿いに走ると気持ち良さそう。

ダイナちゃん
5つ6つ橋を通ったところでダイナ橋に到着。
初ダイナちゃんですよ。
興津川の釣り人サイズだとなぜか思い込んでたので、ちょっと拍子抜け。
そしてダイナ橋の読み方が『だいなはし』だったことに驚愕。

ここで、誰もが思う「なんでダイナ?」という疑問について僕なりの仮説をば。
1952年発生したダイナ台風という台風により稲瀬川下流の内房地区は被害を被りました。
その後、稲瀬川の流れを変えた際に作られた橋がありました。
と、ここまでは史実。
ここからは僕の想像ですが、このとき作られた橋に『あの台風忘れまじ』と台風の名を付けたのではないかな。
なんでダイナちゃんが座っているかは結局謎なんですけどね。

さて、ダイナちゃんに会ったところで時刻は10時を回ったばかり。
昼ご飯にはまだ早いので、ぎゃるそんさんとこのコメントで見たジェラート屋さんを探してみようかと走り出す。
が、見つからないまま上り坂、そして52号線へ・・・
コメント内容をうろ覚えだったので、帰宅して確認したら『手前の』って書いてあった。
よりあいどころ』の看板は見た記憶があるので今度行ってみよう。

52号線に出てしまったので身延方面へ。
ひたすらアップ&ダウンが続くが、斜度がキツくないので意外に楽。
ただ日陰が無いので暑い。熱風が吹き荒ぶ。

内房農林産物直売所
しばらく走り『内房農林産物直売所』でアイス休憩。
ここは蕎麦もやっているようなのでまた来たい。
ちなみに蕎麦処は10時開店なので注意。

手打ちそば けやき
汗が引いたところで折り返して清水方面へ戻る。
お昼ご飯は第二東名の高架近く、坂の途中にある『手打ちそば けやき』へ。

天ざる
というわけで、久々の蕎麦屋ネタ。第5弾かな?
注文はいつもどおりの天ざる。1000円。
つゆが小さなすり鉢に入って出てきた。
蕎麦は短めでざらっとした舌触りで、個人的にはあまり好みではないかな。
天ぷらは逆にかなり好み。ぷりっとした海老が美味しかった。

お店のテレビで梅雨明け宣言のニュースを見る。
いよいよ夏本番ですかー。

お昼ご飯を食べたら、後は帰宅するだけ。
薩た峠は富士山見えなさそうだったのでパス。
途中でC2C 928Carbonの防犯登録をし忘れていたのを思い出したので自転車屋さんへ寄り道。
無事、防犯登録を済ませて帰宅。

走行距離:74.4km
平均速度:23.2km/h
消費カロリー:2228kcal
さて、明日は早起きできたら梅ヶ島かな。
起きられなかったらどうしよう。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/19(土) 16 30:28 | Bianchi 928Carbon | トラックバック 0 | コメント 6

久しぶりのジテツウ。

ほんっとーに久しぶりに自転車通勤。
梅雨の間は全然カメレオンテに乗ってなかったのでフラットバーが新鮮。

で、久々に乗ってみたら、暑い。
会社に着く頃には汗だくだく。
夏の自転車通勤は汗対策考えないといけないですね。
いまさらですが。

走行距離:17.2km
週末は台風7号の影響がどうなるか心配。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/17(木) 21 20:57 | 自転車通勤 | トラックバック 0 | コメント 4

本栖湖ツーリング。

日曜日はMantra親父さんに誘われて、三振王さんとの本栖湖ツーリングにご一緒させてもらう。
早起きして集合場所へ向かう途中、富士川橋のたもとでMantra親父さんと合流。
富士川水神社で三振王さんとも合流し西富士宮めざして出発。

西富士宮駅

第二集合場所の西富士宮駅に着いたところで、本日の参加者が続々到着。
ニシナさん、Oさん、Iさん、スレイプニルさん、ぎゃるそんさんを加えた総勢8名の大所帯に。
スレイプニルさんは横浜から自走!という猛者。

オルベア オルカ

そんなスレイプニルさんの愛車。
オルカの実車、初めて見た!かっこいい!
異型断面のフレームとシートチューブ周りの形状がたまりませんな。

三振王さんの先導で本栖湖目指して編隊走行。
途中の上り坂からはバラけてマイペース走行に。
とにかく暑い。ボトルの残量が気になる。

農業試験場前

農林試験場前で、木立の間から富士山。
このあたりではまだ富士山が見えていたのだけど。
陣場の滝で小休止、R139沿いのコンビニでアイス休憩。

本栖湖までもうひとっぱしり。
先行したIさんを追うようにぎゃるそんさんが飛び出したので、後を追って3人で高速走行。
ほどなく中之倉トンネル前へ到着。

本栖湖畔

残念ながら富士山は雲の中。
本栖湖入り口の温度計は26℃だったけど、日向にいるとやっぱり暑い!

しいたけ丼

ウインドサーファーで賑わう南岸をのんびり走ったら『松風』でお昼ご飯。
しいたけ丼を頼んでみたら、肉の代わりにしいたけ、な親子丼のようなものが。
これはこれで美味しいかな、と。
それよりも水が!冷たい水が!うまい!!

食後、スレイプニルさんが帰宅のため離脱。
雨が心配だったけど、無事に帰れたのかしら。

さて一行はもと来た道を引き返し・・・と先導が急停車。
対向車線に、噂の人Watさんが。
本栖湖まで行ってから合流する、ということで先に進むことに。

白桃ソフトクリーム

県境で左に折れ、熱風に煽られながら富士ヶ嶺のJAに到着。
白桃ソフトクリームを食べ、ボトルにも給水。
Watさんを待ちながら自転車談義に花が咲きます。

Watさんが合流したらあとはひたすら下るだけ。
重力には逆らえず、あっという間に白糸を過ぎて狩宿の下馬桜へ。

下馬桜

当然、桜は咲いてません。
でも場所は覚えたので来年の咲いている時期にまた行こう。

芝川へ下りてアイス休憩をしたら、富士川橋まで走って流れ解散。
売り切れた脚をだましだまししながら帰宅。
シャワー浴びてベッドに沈没。暑かったー。

走行距離:142.5km
平均速度:21.9km/h
消費カロリー:4084kcal
御前崎以来の4000kcal越え。
あと、もしかして走行距離記録更新かも。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/14(月) 21 35:20 | Bianchi 928Carbon | トラックバック 0 | コメント 6

信州旅行。

日曜から3日ほど山梨・長野をぶらぶらしてました。

初日は八ヶ岳アウトレットとか八ヶ岳自然文化園に行ってきました。
アウトレットは日曜日にしては人が少ない感じ。
ガソリンの値上げで都内からの客足が遠のいているのかな?

オーディナリー型とも言う

これは自然文化園で見つけたペニー・ファージング自転車。
ここのおもしろ自転車は全体的に面白くないのですが、これは面白そう。
ただ、展示品のようで実際に乗れるかは不明。
園内レンタサイクルもあるけれど、整備はあまりされていない様子。

翌日は長野県小布施町へ。
栗の町として有名なところです。

ゲストハウス小布施

泊まったのは『ゲストハウス小布施
見た目は土蔵、中は洋室というホテル。
お値段も手ごろで悪くないと思う。

小布施堂

栗菓子の名店『小布施堂
小布施の見所の大半がこのお店の界隈にあります。
桝一市村酒造場や北斎館などなど。
食べ歩き旅行だったので北斎館は行きませんでしたが。

小布施は駅やガイドセンターでレンタサイクルを借りることができます。
が、前述のように見所が寄り集まっているので自転車の利点が少なめ。
今回は借りずに、桝一市村酒造場でお酒の試飲をしたり、ヤギ乳のソフトクリームを食べたり。

ちなみに何度かレンタサイクルに乗っている人を見かけたので利用率は悪くなさそう。
ただ、こちらも整備状態は微妙かな。

モンブラン
栗ロール

栗の木テラス』のモンブランと栗ロール。
基本的に甘味処のメニューには必ず栗。

この日は7月7日。
偶然、『小布施ッション』の開催日。
参加はしなかったけどこれまた偶然、小布施ッション名物の手筒花火を見られた。

この小布施ッション、11月のゲストが白戸太朗氏。
ちょっと気になる。

福栗焼き

最終日、帰路に着く直前に購入した『味麓庵』の福栗焼き。
薄皮に栗餡+剥き栗でかなり好みの味。

今回強く思ったのが、目的を決めずにぶらぶらする旅行には自転車持って行きたいな、と。
行く場所にもよるけれどレンタサイクルを借りるよりも面白いと思う。
もう少し煮詰まったらカーキャリア欲しくなりそうな予感。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/10(木) 23 42:48 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 6

ブレーキのリーチ調整をした。

日曜から旅行に行ってて昨晩帰宅。
旅行話はさておき、928Carbonのブレーキレバーのリーチ調整の記録を。

アジャストメントブロック

土曜日のツーリング途中に受け取ってきたシマノST-R700用アジャストメントブロック。
左が4°で右が8°のもの。
ちなみに補修用部品扱いで1個160円。

このゴムを外す

取り付けはブラケット裏に付いているゴムを外してブロックを付ける。
ゴムは差し込んであるだけなので引っ張れば外れる。

ダボを切り取る

ただし、ブロック上に2つあるダボの片方がブラケットに干渉するのでそれを切り取る必要がある。
ブロックはゴム製なのでカッターで簡単に切り取れる。
写真右側がダボを切ったもの。

ブロック無し
4°
8°

取り付け状態。
上から順にブロック無し、4°、8°。
ブラケットとブロックの色の違いは遠目にはほとんど気にならない。

ブロック無し
4°
8°

リーチの変化量はこんな感じ。
並び順は取り付け状態同様、ブロック無し、4°、8°。
下ハンドルの親指と人差し指の間が当たるところからブレーキレバーの指がかかる位置までの距離を測定してみた。
モノサシの位置が微妙だが、それぞれ3mmと6mm程近くなっている。

僕の場合、4°のブロックでリーチは問題なさそう。
ブロック無しでは『指が届く』だったのが『指がかかる』になった。
ほんの数mmの差ではあるけれど、体感的にも精神的にもかなり楽になると思う。

あと、8°だとブレーキレバーが近づく分、当然ながら引きしろが少なくなる。
ハンドルバーの形状やブラケット位置も関係するんだろうけど、レバーの調整が大変かも。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/09(水) 21 45:10 | Bianchi 928Carbon | トラックバック 0 | コメント 4

柏尾峠越え。

今日は朝から良い天気だったのだが所用で出遅れて気づいたら9時過ぎ。
この時間から遠出する気は起きなかったので、同僚から教えてもらった『柏尾峠』へ行ってみることにした。

清水から北街道を静岡方面へ走り、押切で右折して山のほうへ。
突き当たったら左折して、左手に『柏尾の里』があるところまで直進。
右側に『柏尾峠入口』の案内があるのでそれが目印。<参考

さて、上り始めてみるとかなりの急勾配。
どうやら農道らしく舗装状態はお世辞にも良くないし、ところどころに苔が生えていたり路面に水が流れていてスリッピー。

途中、ダンシング中に後輪が苔に乗って横滑り、バランスを崩して足を着いてしまう。
勾配が急でその場から再乗車できず、勾配が緩くなるまで押し。

清水方面
再スタートしてしばらく快調に進むが、ヘアピン直後の急勾配で再び下車。
あまりの勾配に立ちこぎ(ダンシングにあらず)でも踏みきれなかった。
写真はそのあたりから清水方面の眺め。霞がかってます。
しばらく押したあとは峠の頂上まで最後のひとふんばり。

柏尾峠
柏尾峠の祠と石碑。
昔は柏尾峠を超えて平山と柏尾・梅ヶ谷を行き来していたとか。

祠の前で一息入れて、瀬名方面へ。
ここからは尾根沿いを走るので急勾配は無く快適。

静岡方面
下る前に静岡側を一枚。
眼下に瀬名の集落、遠くに賤機山(しずはたやま)が霞んで見える。
手前の斜面は一面の茶畑。

瀬名に下って、のんびりバイシクルわたなべへ。
草薙運動場方面がやたらと渋滞しているなぁと思ったら高校野球の県予選が今日からスタートだそうで。
開会式に向かう球児だらけの歩道を避けつつ走っていたら後輪に違和感が。

パンク修理中
パンクしました。
脇道を入った民家の軒先で日陰を拝借してパンク修理。
まだ200kmくらいしか走ってないのにパンクするんだもんなぁ。
バルブ脇が裂けていたのでスペアチューブに交換。
ariboneのミニポンプが予想外に使いやすかったのは僥倖か。

とりあえずの空気圧でバイシクルわたなべまでたどり着く。
先日注文した物を受け取り、ポンプを借りて空気圧を確保。

立ち話しつつ店員さんの愛車を見せてもらったり。
カーボンフレーム+フルレコスピナジーで6.5kgだとか。
928Carbonと比べるまでも無く激軽。
いつかは!と思わないでもないけど、しばらくは928Carbonで十分すぎるかな。

ジャルディーノ
お昼は久しぶりにジャルディーノへ。

ローストビーフ丼
迷った末にローストビーフ丼をオーダー。
ランチは他にスープ、デザート、ドリンク付き。
デザートはジェラートがランダムで。
また写真撮り忘れた(--;;;

食後は久能海岸で流したり踏んでみたり。
七夕祭りで混雑しているであろう清水駅前を避けて帰宅。

走行距離:45.5km
平均速度:20.5km/h
消費カロリー:1456kcal
ポジションはほぼ問題なし。
腹筋背筋を鍛えないと長距離はキツそうだけど。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/05(土) 21 49:21 | Bianchi 928Carbon | トラックバック 0 | コメント 4

ちょこちょこっと買い物。

ブラケットのポジションは一応決まったけれど、ブレーキが遠いのが困る。
というわけで、対策としてシマノST-R700用のアジャストブロックを注文しにバイシクルわたなべへ。

ブロックの角度が4°と8°の2種類があるが、どの程度変わるのかわからなかったので両方注文した。
両方と言っても600円少々なのでお財布にやさしい。

ついでにSCICONのサドルバッグ用アダプタが単品で購入できるか確認してもらう。
どうやら補修部品扱いで購入できるようなので1個注文。
値段を聞くのを忘れたけど、そんなに高くないと思う。
これで928Carbonとカメレオンテでサドルバッグを融通できる。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/02(水) 22 32:04 | 雑記 | トラックバック 0 | コメント 4

SCICON サドルバッグ Soft350

SCICON サドルバッグ
カメレオンテ納車と同時期に購入。2520円。

アタッチメント部
SCICONのサドルバッグはローラーシステムという脱着機構が付いているのが特徴。
サドル側にアダプタを取り付けるクイック固定の一種なのだが、他社製品の多くが『スライドしてロック』なのに対し、ローラーシステムは『回してロック』なのが大きな違い。
90度回転させるだけで脱着できるのは非常に楽。
カメレオンテで5ヶ月ほど使ってみたが、走行中に脱落するようなことは無かった。

中身
いまのサドルバッグの中身。
携帯工具とスペアチューブ、リペアキット、タイヤレバーx2。
スペアチューブをR-Airに換えたらスペースに余裕ができたのでairboneの小型ポンプを追加した。
チューブはホコリ対策でラップに包んで入れている。
これで容量ギリギリいっぱい。

リフレクタ付き
取り付け状態をフラッシュ撮影。
リフレクタが付いていて安全性にも寄与しそう。
ジッパータブはゴム製で走行中カチャカチャならない。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/02(水) 22 21:15 | もの:自転車 | トラックバック 0 | コメント 0

ポジション調整。

先日のツーリングで感じたブラケットの遠さ対策をしてみた。
具体的にはハンドルバーの角度を変えただけ。

ハンドル調整
若干送りハンドルになっていたのを、上ハンドル部が水平になるように変更。
ブラケットとの角度の違いはバーテープを解かないと変えられないので断念。

30分ほど試走してみたところ、かなり良い感じ。
ブラケットを握るポジションの違和感がほとんど無くなった。
まだ『縦に引くブレーキ』には慣れないけれども。

この角度で下ハンドルも問題なく握れるが、意識しないとブレーキが遠くて困る。
リーチアジャスト用スペーサーを使おうか悩むところ。

しばらくこれで乗ってみようと思う。
週末の天気次第で長距離も試しておきたいところ。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用


2008/07/02(水) 00 45:11 | Bianchi 928Carbon | トラックバック 0 | コメント 2

Twitter

プロフィール

はる

Author:はる
Bianchi Camaleonteでもりもり通勤中!たまに極小径車ZEROBIKEでお買いもの。C2C 928Carbonの出番減少中・・・

参加してます。
にほんブログ村 自転車ブログへ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

マイリンク

ブログ内検索


Copyright ©車輪の上の日々 All Rights Reserved まとめアフィリエイト Powered By FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。